展示のご案内

展覧会リーフレット

運慶800年遠忌記念特別展 運慶 鎌倉幕府と三浦一族


    運慶は日本史上最も著名な、卓越した技量をもつ仏師であり、鎌倉時代初期に、鎌倉幕府という新政権と密接に結びつくことで活躍したことが知られています。また運慶は、鎌倉幕府初代侍所別当・和田義盛の発願による浄楽寺諸像(1189年)をはじめ、鎌倉幕府において重要な位置を占めた三浦一族の造仏に、数多く関与していたことが近年、明らかにされつつあります。  
    本展覧会では、貞応2年(1223年)に没した運慶の800年遠忌を記念し、その事績を鎌倉幕府ゆかりの地域に残る関連作品から明らかにします。運慶およびその関連作品をとおして鎌倉幕府や三浦一族の歴史の一端をご紹介する本展は、三浦一族の歴史とゆかりの深い横須賀市と連携し、地域の歴史に対する興味を喚起し、その文化に触れるまたとない機会を創出するものです。

           
主催 神奈川県立金沢文庫
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 令和4年10月7日(金)~11月27日(日)
休館日 毎週月曜日(10月10日は開館)、10月11日(火)、11月4日(金)、11月24日(木)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分
(最寄り駅から金沢文庫への地図はこちら

当館に駐車場はございません(身体障がい者用を除く)。
  ご来館の際は、公共交通機関をご利用ください。
主要展示作品
    種別   文化財指定   作品名   備考
1 古文書 国宝 『言泉集』「伊豆堂(願成就院)供養表白」 称名寺
2 古文書 国宝 『東寺講堂御仏所被籠御舎利員数』 称名寺
3 仏像 国指定重要文化財 観音菩薩立像・地蔵菩薩立像 満願寺(横須賀)
4 仏像 国指定重要文化財 不動明王立像・毘沙門天立像 浄楽寺(横須賀)
5 仏像 横須賀市指定重要有形文化財 不動三尊像 常福寺(横須賀)
6 仏像 国指定重要文化財 運慶作 大威徳明王像 光明院
※文化財保護のため会期中一部展示替があります。


観覧料金


個人 観覧
区分 料金
一般 800円
20歳未満及び学生 600円
65歳以上 200円
高校生 100円
 
団体 観覧
区分 料金
一般 700円
20歳未満及び学生 500円
65歳以上 100円
高校生 100円

※備考 団体は20名以上

中学生以下及び教育課程に基づく教育活動として入館する高校生は無料。
障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳又は、スマートフォンアプリ「ミライロID」の手帳画面の提示で観覧料は免除(無料)となります。介助者の方1名も免除(無料)となります。
図書閲覧室のみの利用は無料。

   公式図録『運慶 鎌倉幕府と三浦一族』(定価2,200円(本体2,000円+税)/吉川弘文館)は、会期中、金沢文庫1階エントランスの特設ブースで販売します。当館では通信販売を行っておりませんが、全国の書店にてお求めいただけます。

ご来館のお客様へのお願い

◆展示室内での注意事項
○携帯電話のご使用や、大声での会話はご遠慮いただき、他のお客様の迷惑にならないよう、静かにご鑑賞下さい。
○展示品・展示ケースにふれないよう、ご注意下さい。
○鉛筆以外の筆記用具の使用は、ご遠慮下さい。
飲食・喫煙はお断りしております。

◆本展覧会は予約制ではありません・ただし、混雑状況によっては、感染防止対策として入場制限を行う場合があります。

次回展示予告

令和4年12月2日(金)~令和5年1月29日(日)
法会への招待

―「称名寺聖教・金沢文庫文書」から読み解く中世寺院の法会―