展示のご案内

展覧会リーフレット

特別展 春日神霊の旅 -杉本博司 常陸から大和へ

       
 春日大社は神護景雲二年(768)に、奈良盆地の東に位置する御蓋山の麓に造営されました。その祭神は第一殿が武甕槌命、第二殿が経津主命で、それぞれ常陸国(現茨城県)鹿島神宮、下総国(現千葉県)香取神宮から降臨されたとされます(いわゆる「鹿島立ち」)。すなわち春日大社は平城宮鎮護の守護神ながら、東国とも大変所縁があります。また春日大社は藤原氏の氏神とされ、氏寺である興福寺と密接な関係を持ちながら、我が国の神仏への信仰の中核を成してきました。一方、鎌倉時代以降、東国仏教の拠点となった称名寺・金沢文庫には、膨大な仏教書である聖教が伝来しますが、その中には奈良ゆかり、とりわけ春日大社・興福寺に関するものが多数含まれており、両社寺の信仰を考えるうえで見逃せないものであることが知られています。 このたび神奈川県立金沢文庫では、小田原市に「江之浦測候所」を平成二十九年に開館した、公益財団法人小田原文化財団と共催し、東国所縁ともいえる春日信仰を紹介する展覧会を開催いたします。同財団は、世界的に著名な現代美術作家である杉本博司氏(文化功労者、高松宮殿下記念世界文化賞受賞)の文化活動を広く紹介する財団です。杉本氏は日本の歴史・文化にも造詣が深く、同財団には杉本氏によって収集された春日信仰を中心とする神道美術作品も多数所蔵されます。 本展覧会では、春日大社やゆかりの社寺のご宝物に加え、称名寺・金沢文庫、小田原文化財団の史料や作品も紹介することにより、実は東国所縁でもある春日大社への信仰を広くご紹介いたします。

           
主催 神奈川県立金沢文庫 公益財団法人小田原文化財団 春日大社 日本経済新聞社
特別協力 鹿島神宮 法相宗大本山興福寺
後援 小田原市
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 令和4年1月29日(土)~3月21日(月・祝)
休館日 毎週月曜日(ただし3月21日は開館)、2月24日(木)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分
主要展示作品
    種別   文化財指定   作品名   備考
1 彫刻   十一面観音立像 小田原文化財団(白洲正子旧蔵)
2 絵画   春日社寺曼荼羅 福岡市美術館(松永コレクション)
3 絵画   春日鹿曼荼羅 陽明文庫
4 工芸品 国宝 本宮御料古神宝類のうち黒漆平文唐櫛笥 春日大社
5 古文書    鹿島立神影図 春日大社
6 彫刻    十一面観音坐像 個人蔵(伝茨城県伝来、鹿島神宮本地仏か)
7 彫刻    弥勒菩薩立像 個人蔵(旧興福寺伝来)
8 彫刻    地蔵菩薩立像・春日神鹿像 個人蔵
9 絵画    春日若宮曼荼羅 小田原文化財団


観覧料金


個人 観覧
区分 料金
一般 800円
20歳未満及び学生 600円
65歳以上 200円
高校生 100円
 
団体 観覧
区分 料金
一般 700円
20歳未満及び学生 500円
65歳以上 100円
高校生 100円

※備考 団体は20名以上

中学生以下及び教育課程に基づく教育活動として入館する高校生は無料。
障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳又は、スマートフォンアプリ「ミライロID」の手帳画面の提示で観覧料は免除(無料)となります。介助者の方1名も免除(無料)となります。
図書閲覧室のみの利用は無料。

ご来館のお客様へのお願い


◆展示室内での注意事項
○携帯電話のご使用や、大声での会話はご遠慮いただき、他のお客様の迷惑にならないよう、静かにご鑑賞下さい。
○展示品・展示ケースにふれないよう、ご注意下さい。
○鉛筆以外の筆記用具の使用は、ご遠慮下さい。
飲食・喫煙はお断りしております。

次回展示予告

令和4年3月26日(土)~ 5月2日(日)
特別展 名品撰品