このサイトについて    個人情報の取り扱いについて    著作権について

神奈川県生涯学習情報システム「PLANETかながわ」では、多くの生涯学習情報を検索することができます。


PLANETかながわトップページ >体験&ボランティア>Q&A

ボランティアQ&A


ボランティアって何?

ボランティアとは、「自分のできることを、できる時間に他の人々や地域社会などに提供する活動のこと」です。明るく住みよいまちづくりを進める活動だといえます。できることを、できる時間にというと、いい加減にやってもいいのだろうかと思われるかもしれませんが、そうではなく責任が伴います。

事例1事例2事例3

ボランティア活動はまったくの初めてなので何をどうすればいいの?

まずは、自分がどんなことならできるのか、得意なことは何かなどを考えましょう。得意なことが見つからなかったら、どんなボランティア活動があるのか調べてみましょう。さまざまな分野にわたってボランティア活動があるのでその中から自分にあった活動を探してみましょう。


どんなボランティア活動があるの?

ボランティアの活動の場はさまざまな分野に広がっています。いくつかの例を挙げてみましょう。

ボランティアの種類

ボランティア活動をするときに気をつけることはどのようなことですか?

ボランティアをする人も受ける人も気持ちよくいられるために次のようなことに気をつけましょう。

1 活動先(相手)が望むことや目指すことを理解してから始めましょう。
2 特にボランティア活動は「やってあげる」ではなく「学ぶ」姿勢で活動しましょう。
3 約束をきちんと守り、責任ある行動をしましょう。
4 無理せずできることから始めましょう。
5 活動しやすい服装にしましょう。
6 安全対策(気候や活動内容に合った服装や持ち物、ボランティア保険加入など)を十分にしておきましょう。災害時ボランティアについては現地情報の入手も必要です。
7 "ほうれんそうの法則"(報告(ほうこく)・連絡(れんらく)・相談(そうだん))を心がけましょう。
8 疑問や意見があるときは進んで発言し、解決したら速やかに従いましょう。
9 プライバシーや秘密をしっかりと守りましょう
10 人との出会いを大切にしましょう。

 

ボランティア活動を続けるコツってあるの?

頼まれたから、ボランティアだからといって無理をして活動するのではなく、自分ができる範囲のこと、やってみて楽しいと感じる活動が長続きします。また、ボランティアは給料をもらえないため、学生の場合は交通費等なるべくお金がかからない活動をさがして参加することも、無理なく続けていくコツです。

 

ボランティア活動中の事故やけがなどのときに補償してくれる保険はあるの?

ボランティア活動は自発的に行うもので、自己責任が伴います。事故やけがのないよう注意していても、防ぎきれないことも起きてしまいます。そのような時の治療費や賠償はすべて自己負担になってしまいます。そのため、万が一事故が起きた時のためにボランティア保険の加入をお勧めします。様々な内容を扱うものが多くの保険会社から用意されているので、活動内容に応じて選ぶこことが大切です。

○年間補償型(長期)
○行事タイプ(短期)

学校管理下における災害については、各学校にお問い合わせください。 また活動によっては、参加費の中に保険料を含んでいる主催者もあるので申し込む時に確認することも大切です。

 

ボランティア情報を収集するには?

当サイトをご利用ください。イベント情報施設情報を探すことができます。また、ボランティア施設に関するリンクもご用意しております。

検索 施設情報一覧表



その他、市町村の支援センター(地域ボランティアエアポート)や各市町村の連絡窓口に問い合わせてみることも一つの方法です。


△ページのトップへ

モバイル版はこちら携帯用QRコード スマートフォンサイトスマートフォン版QRコード
神奈川県立図書館生涯学習サポート課
〒220-8585   横浜市西区紅葉ケ丘9-2<地図
  電話:045-263-5900(内線2130・2133)
  FAX:045-241-2866

© 1997- Kanagawa Prefectural Library.