神奈川の大地から古えの暮らしを発見!

神奈川県

埋蔵文化財センター

《埋蔵文化財センター概要 》

名称

神奈川県埋蔵文化財センター

所在地

232-0033 横浜市南区中村町3−191−1

問合わせ先

電話 045-252-8661   FAX 045-252-8663

概要

昭和57年に開設された神奈川県立埋蔵文化財センターは、遺跡の発掘調査と講座など普及啓発活動の両方を行う施設でした。平成11年にセンター業務を「かながわ考古学財団」に委託しましたが、平成18年から再び県直営の神奈川県埋蔵文化財センターとなりました。その際、業務は普及啓発活動が中心となり、普及啓発活動を通して県民の方々に広く埋蔵文化財へのご理解を深めていただくための施設となりました。

開館時間

月曜日〜金曜日+毎月第二土曜9:0017:00

休館日

第二を除く土曜、日曜、祝日、年末年始

交通機関

京浜急行「黄金町駅」下車徒歩13
市営地下鉄「阪東橋駅」下車徒歩10

【主な事業一覧】

考古学講座

神奈川県埋蔵文化財センターでは、神奈川県内の発掘調査の成果や新しい考古学研究の結果を踏まえて、広く県民を対象とした基礎講座を開催しています。これは、埋蔵文化財や考古学に対する県民の方の知的関心や学習の機会を求める声に応えたものです。

考古学ゼミナール


 県民の皆さんの考古学に対する知的関心は近年益々高くなり、その内容も多様化・高度化してきています。こうした高度で専門的な学習意欲に応えるため、「考古学ゼミナール」では毎年1つのテーマに沿った連続講座を開設します。

今年度は「遺跡に学ぶ」というテーマで、神奈川県内で保存された各時代の代表的な遺跡を取り上げることになりました。各遺跡の考古学的成果と重要性等について、関係者の方から5回にわたって貴重な情報を提供していただきます。


かながわの遺跡展・巡回展

神奈川県で行われている多数の発掘調査の成果を、 県民の皆さんに広く知っていただく場としてテーマを定めた展示会です。今年度は神奈川県立歴史博物館を会場として遺跡展を行いました(好評のうち終了)。巡回展はこれから山北町立中央公民館を会場として開催されます。


平成18年度遺跡展の様子


夏休み考古教室

 子どもたちに神奈川県の埋蔵文化財や考古学への興味・関心を高めてもらうため、夏休みを利用して体験教室を実施しています。対象は今年度から小学校4年生以上(保護者と一緒に参加)と中高生の二つになりました。今年度は当時の技法を再現したやり方での「まが玉づくり」を行いました。昔の人の苦労を体験しながら作り上げた、世界にたった一つのまが玉を通して、昔の人の心情に触れてもらえたと思います。来年度の内容については、現在検討中です。


スクールセミナー

神奈川県内の遺跡や遺物を利用して、県内の学校に出前授業を行っています。これは出土品などの資料を有効活用し、広く県民のみなさんに還元する為の事業で、小学校、中学校、高校と段階に合わせた考古学の授業を行っています。今年度は体験を伴う授業として、前述の「まが玉づくり」や「拓本入門」も行っています。ご希望がありましたら、センターまでお問い合わせください。


資料の閲覧・貸出

@出土品資料
出土品の閲覧については、当センターの所定の場所であれば可能ですが、必ず事前にご連絡の上、予約してください。担当者がスケジュール調整をしますので、直前のご予約には対応できない場合があります。時間に余裕を持ってご連絡ください。

また、出土品の貸出は、基本的に神奈川県埋蔵文化財センター資料取扱要綱(平成4月3日施行)第5条に規定された機関等に対してのみ行っております。ご希望の場合は、事前に当センターまでお問い合わせください。

A図書資料

当センターの図書室には、8万冊あまりの考古学関係の図書資料が収められています。当センターの開館中は閲覧可能ですので、どうぞご利用ください。ただし、貸出は行っておりません。図書室で閲覧していただけます。


<案内図>



リンク

かながわいにしえ人からの贈り物(出土品フォトギャラリー)

かながわの文化財

歴史博物館

ふるさとの民俗芸能

金沢文庫

県立図書館・川崎図書館

生命の星・地球博物館

近代美術館

(財)かながわ考古学財団

PLANETかながわ(神奈川県生涯学習情報システム)

神奈川県教育委員会

神奈川県のホームページ