展示のご案内

西湖憧憬

特別展  西湖憧憬 ―西湖梅をめぐる禅僧の交流と15世紀の東国文化―<展示予告>

 「金沢八景」という名称は、中国の「瀟湘八景」に由来しますが、中世以来内海が広がる金沢の風景は杭州の西湖のイメージにも重ねられました。鎌倉幕府滅亡後も、金沢の風光は古都鎌倉の栄枯盛衰の郷愁をまといながら室町時代の禅僧たちを魅了しました。万里集九(1428~1507)は鎌倉の禅僧の案内で金沢称名寺を訪れ、金沢北条氏がかつて杭州から移植したという「西湖梅」にちなみ漢詩を残しています。この頃、鎌倉五山文化の中心にいたのは、玉隠や上洛して室町将軍家の宋元画に学び東国に清新な画風を伝えた祥啓でした。
 本展では、瀟湘八景図や入明した雪舟が日本にもたらしたといわれる西湖図の系譜から唐土景勝図の受容の諸相をひもとくとともに、「西湖梅」をめぐる禅僧たちの交流を手がかりに15世紀の東国文化の成熟をご覧頂きます。

                                   
主催 神奈川県立金沢文庫、文化庁
助成 (公財)三菱UFJ信託地域文化財団
協力 横浜市金沢区役所
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 平成30年9月22日(土)~11月11日(日)
休館日 毎週月曜日(ただし9/24、10/8は開館)、9/25(火)、10/9(火)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分
主要展示作品
  種別 文化財指定 作品名 備考
1 絵画 伝雪舟筆 西湖図 静嘉堂文庫美術館所蔵・前期
2 絵画 狩野元信筆 西湖図屏風 出光美術館所蔵・前期
3 絵画 銭塘観潮図 MIHO MUSEUM所蔵・後期
4 絵画 渡唐天神図 九州国立博物館所蔵・後期
5 絵画 重要文化財 祥啓筆 瀟湘八景図画帖 白鶴美術館所蔵
6 絵画 祥啓筆 花鳥図 神奈川県立歴史博物館所蔵・後期
7 絵画 古今和歌集 群馬県立土屋文明記念文学館所蔵

※会期中展示替がございます。


観覧料金


個人 観覧
区分 料金
一般 700円
20歳未満及び学生 500円
65歳以上 200円
高校生 100円
 
団体 観覧
区分 料金
一般 600円
20歳未満及び学生 400円
65歳以上 100円
高校生 100円

※備考 団体は20名以上

中学生以下及び教育課程に基づく教育活動として入館する高校生は無料
障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳提示で観覧料は免除(無料)となります。介助者の方1名も免除(無料)となります。
図書閲覧室のみの利用は無料

ご来館のお客様へのお願い


◆展示室内での注意事項
○作品保護・所蔵者権利保護のため、写真撮影はお断りしております。
○携帯電話のご使用や、大声での会話はご遠慮いただき、他のお客様の迷惑にならないよう、静かにご鑑賞下さい。
○展示品・展示ケースにふれないよう、ご注意下さい。
○鉛筆以外の筆記用具の使用は、ご遠慮下さい。
飲食・喫煙はお断りしております。