展示のご案内

国宝でよみとく神仏のすがた

企画展
「国宝でよみとく神仏のすがた 新国宝指定 称名寺聖教・金沢文庫文書から<展示予告>

金沢文庫で保管する「称名寺聖教・金沢文庫文書」2万点余は、このたび国宝に指定されることとなりました。同資料は、わが国の中世史、仏教史、仏教美術史などを考えるうえで第一級の資料群と言えます。
本企画展では新国宝である「称名寺聖教・金沢文庫文書」を通じて、普段あまり見る機会の少ない個人蔵の神像や仏像、仏画などの仏教美術作品をご紹介いたします。仏教美術作品には製作されるに至った、宗教的背景や時代背景があります。これら背景を記した資料群である「称名寺聖教・金沢文庫文書」と、仏教美術作品を一堂に会することにより、「神仏のすがた」を読み解いてみたいと思います。


           
主催 神奈川県立金沢文庫
会場 神奈川県立金沢文庫
会期 平成28年8月5日(金)~10月2日(日)
休館日 毎週月曜日(9月19日は除く)、8月12日(金)、9月20日(火)、9月23日(金)
観覧時間 午前9時~午後4時30分(入館は4時まで) 
交通 京浜急行「金沢文庫」駅下車徒歩12分(品川より快特33分)
JR根岸線「新杉田」駅接続、シーサイドライン「海の公園南口」駅下車徒歩10分
主要出品作品
  種別 文化財指定 作品名 所蔵者 年代
1 彫刻 弥勒菩薩立像 個人蔵 鎌倉時代
2 彫刻 阿弥陀如来立像 個人蔵 平安時代
3 彫刻 金銅製聖観音菩薩立像 個人蔵 平安時代
4 絵画 春日社寺曼荼羅 個人蔵 南北朝時代
5 絵画 若宮像 個人蔵 鎌倉時代
6 聖教 国宝答申 天地麗気記 称名寺 鎌倉時代
7 聖教 国宝答申 金剛界次第図 称名寺 鎌倉時代

※会期中の展示替につきましては、決定の後、追って掲載致します。


展示解説のご案内


○ボランティア  土曜・日曜、および国民の休日、それぞれ午後2時と午後3時から行います。

※展示解説に参加ご希望の方は、定刻までに金沢文庫1階展示室入口にお集まり下さい。

観覧料金

個人 観覧
区分 料金
一般 250円
20歳未満及び学生 150円
65歳以上及び高校生 100円
 
団体 観覧
区分 料金
一般 150円
20歳未満及び学生 100円

※備考 団体は20名以上

中学生以下・障害者の方は無料(教育課程に基づく教育活動として入館する高校生は無料)
障害者手帳/療育手帳/精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳提示で観覧料は免除(無料)となります。介助者の方1名も免除(無料)となります。
図書閲覧室のみの利用は無料です。